女医

子宮筋腫や不妊の治療を婦人科で行なう|女性の体を守るヒーロー

必要な栄養を摂取する

妊婦

赤ちゃんを妊娠したら自分の体作りに必要な栄養だけでなく、胎児の成長に必要な栄養成分もしっかり摂取していく必要があります。食事の際にどのような成分を意識的に摂取すれば良いのかを知って、毎日の献立を考えるようにしましょう。お腹の中にいる赤ちゃんの体を作る筋肉や血液に必要不可欠なタンパク質は積極的に摂取することを心がける必要があります。お肉はタンパク質を豊富に含んでいますが、脂質も多く含んでいるので摂取する量に注意が必要です。牛肉や豚肉の赤身や、鶏の胸肉やササミであれば低カロリーで高タンパクですのでたくさん食べても問題はありません。しかし、お肉は消化が悪く内蔵に負担をかけてしまいますので、お肉だけではなく魚や大豆などからもタンパク質を摂取するようにしましょう。献立のことで迷った場合などは、婦人科に行って相談することでアドバイスを貰うことができますので、最寄りの婦人科に行ってみましょう。
妊娠すると赤ちゃんの血液を作るために多くの鉄分が使われてしまいますので、毎日の食事で十分な量の鉄分を摂るように心がけましょう。鉄分が不足してしまうと貧血などの症状が起こってしまいますので、レバーやいわしやかつおや煮干しなどを食事メニューに加えましょう。小松菜やほうれん草には豊富な鉄分が入っているとともに、妊婦に必要な葉酸も含まれていますので妊婦が食べる食材として適しています。その他にも赤ちゃんの歯や骨を形成するカルシウムも食事で意識的に摂取する必要がありますので、牛乳やチーズといった乳製品や、じゃこやししゃもなどを食べるようにしましょう。様々な食品からバランス良くこのような栄養成分を摂取することによって、安産を実現することが出来ます。食べ過ぎると体重が増えてしまいますので、かかりつけの婦人科と二人三脚で体重管理を行なうことも非常に重要です。