女医

子宮筋腫や不妊の治療を婦人科で行なう|女性の体を守るヒーロー

妊娠するための治療

聴診器

妊娠を希望する夫婦が避妊をせずに子作りを行なって、二年以上妊娠しなかった場合は不妊症と診断されます。妊娠しない理由は実に様々ありますが、不妊治療を受けることによって妊娠の確率を高めることが出来ます。京都などにある婦人科では不妊治療に力を入れていますので、技術と知識が確かで実績豊富な京都にある婦人科で不妊治療を受けて妊娠を実現しましょう。京都などにある婦人科で行なわれている不妊治療として代表的なものがタイミング法と呼ばれる治療方法です。タイミング法とは超音波検査やホルモン検査を行なって、正確に排卵日を予測し、指定されたタイミングで性交渉を行なうというものです。基礎体温をつけるなどして排卵日を予測しているカップルも多くいますが、正確な排卵日を把握するのは非常に難しいです。経験豊富な医師にタイミング指導を行ってもらうだけで多くのカップルが妊娠を実現しています。タイミング法で妊娠できなかった場合は、子宮に直接元気な精子を送り込む人工授精という不妊治療が行なわれます。男性の精子量が少ない場合や、勃起や射精に問題がある場合などに行なわれることが多い治療方法で広く行なわれています。妊娠の確率は5~10パーセントと言われており、6回前後の治療で妊娠することが多いです。人工授精で妊娠しなかった場合は体外受精や顕微授精といった高度の治療が必要になりますので、技術が確かなドクターがいる京都の婦人科で治療を受けるようにしましょう。